EY Innovative Startup 2017 受賞企業

株式会社オルツ

世界初のパーソナル人工知能(以下 P.A.I.)アプリ「al+(オルツ)」を2015年より提供。オルツは、個人及びその集合体のライフログデータ等を分析することで個人の人格をクラウド上に再構築するパーソナル人工知能となり、個人の作業効率の改善をはじめに様々な領域での活用が期待されている。
http://alt.ai/

私たちのチームは

maverick innovators

1人1人がプロフェッショナルのチームでこれまでにない新しいイノベーションを起こす異端児


CEO 米倉 千貴

 


CFO 中野 誠二

-自分の立ち位置
米倉
 ビジュニスト
中野 お父さん

-起業した理由、チームに入った理由
米倉
 人間のみに与えられた創造性を追求するためにこそAIは存在するはず その世界を実現するのは今と直感して
中野 社長の熱い想いに感動し、これまでにないIPOを実現させたいと思いジョインした。

-うれしかったこと
米倉
 幼い頃からコンピューターやインターネットに抱いていた期待は、起業してからも現実とはならないことを突きつけられるばかりでした。日々失望を感じていました。数多くの事業的経験を積み重ねてきて、私のイマジネーションし続けてきたAIを、今、自らの手で作り上げるチャンスと力が与えられていることに気がついた時、大きな喜びを感じました。

中野 もともと、富士通時代は人工知能技術者でした。エキスパートシステムとニューラルネットを研究していましたが、人工知能の冬の時代に突入し、富士通の中でもプロジェクトが解散になり、人工知能とは縁のないプロジェクトに配属され富士通を退職しました。それが、何十年もたってAIの本流の仕事に、しかも会社の設立から関与することができ、本当に幸せです。

-ストレス解消法
米倉
 油彩画を描くこと。バスケットボール。
中野 ひたすら歩くこと。

-チーム内ルール
米倉
 P.A.I.を最速で実現することに集中し、よそ見をしない
中野 明るく楽しく元気よく

-愛読書
米倉
 歴史小説、思想書
中野 「ダンマパダ」

-チームに入ってほしい人
米倉
 ビジョンに共感し、辛い時も栄光も一緒に楽しみ共に進んでくれる人
中野 ベンチャースピリッツのある人。一晩中でも夢を語り合える仲間が欲しい

_FYS5616
新日本有限責任監査法人

EY Innovative Startup

EY Innovative Startup は、今後著しい成長が見込めるホットトレンド分野において、イノベーションを起こそうとするスタートアップ企業を表彰する制度です。

EY Innovative Startup 2017
IPO関連セミナーのお知らせ

©2017 innovative team